ホーム > 視力 > 緑内障改善法

緑内障改善法

一般的に緑内障は
眼圧が上がることで視神経が損傷し、視野が欠損してしまう目の病と認識されています。
前述の眼科での処置も。その考えに則したもので、
まずは点眼薬を投与して眼圧を降下させることを試み、
それでもダメな場合は手術やレーザー冶療にふみきります。
つまり、現在の医療で行なう正しい緑内障治療は「眼圧」を下げるという方向で行なわれています。

「ホリスティック」の観点から導き出した、 緑内障改善法についてまとめたものです。 
どうして西洋医学ではなく、ホリスティックという耳慣れない分野なのか。 
その秘密はこのレポートをお読みになれば、お分かり頂けると思います。 
緑内障はこれまで、「根治は不可能」といわれてきました。 
でも、その常識はあくまで、西洋医学に基づいた眼科医療の見解。 
東洋医学の思想から発達した「ホリスティック」の見解とは、全く異なります。 
緑内障は、今や改善できる病気なのです。 
緑内障による視野欠損の煩わしさ、そして忍び寄る失明への恐怖や不安。 
そんなものから、あなたが一日も早く解放されて、 
光の溢れる快適な生活をお送りになられることを心より願っております。