ホーム > 健康 > 糖尿病は、決して他人ごとではありません

糖尿病は、決して他人ごとではありません

今の時期、春のイベントや宴会が多くなり、
食べ過ぎやお酒の飲み過ぎが原因でカロリー過多を招き、
血糖コントロールを乱してしまいがちになってしまいます。

また、春の異動や転勤、引っ越しなどで生活環境が変わることによるストレスも
「血糖値」を上昇させてしまうのです。

つまり・・・
「糖尿病を発症した...」
「血糖値がさらに悪化した...」
といわれた患者さんが糖尿病改善方法を検索している時期なのです。

糖尿病を改善したいけれど何か良い方法はないかな?

「糖尿病改善」をググッてみると、

・血糖値は安定してきたけれど、
 このまま一生、美味しいものが食べられないのは辛い......
・毎日の強制的な運動がストレス
・血糖値のために生きているみたいで、ノイローゼになりそう

何だか、悲鳴のような話が続々と......
「糖尿病は改善したいけれど、他に何かいい方法ってないの?」

インスリン注射や血糖降下剤もその時々の血糖値をコントロールするためのもので
根本的な改善にはなりません。
テレビの健康系の番組や雑誌などでも度々、糖尿病の改善レシピなどが紹介されますが
結局のところ、辛いわりには改善ではなく、現状維持を目指すもの多いようです。

そして、うかうかしている間に合併症に悩む人も急増しているのです。
糖尿病は、決して他人ごとではありません。