ホーム > 英語 > 質問をする事が出来なければ、会話をする事ができません。

質問をする事が出来なければ、会話をする事ができません。

今回は、「どうやったら英語が話せるようになるか」についてお話ししたいなと思います。

まず最初にして欲しい事、それはどんな文章でもいいので英文を1つ覚えてください。

例えば、
Tom has long legs.
トムは足が長い
という文を覚えたとします。

これだけ覚えても実際の会話で使う事ができないですよね。

実際の会話で使えるようなる為に、
「Tom has long legs」と言われた時に想像できる「疑問文」を作る練習をしましょう。


Who has long legs?
足が長いのは誰?

Do you have long legs?
あなたは足が長いですか?

疑問文が出来たら、その疑問文に答えてみましょう。

Who has long legs?
Koyuki has thin and long legs.
(小雪さんの足は細くて長い。)

Do you have long legs?
No.  I don’t have long legs.

英文を1つ覚えたら、このように疑問文を作り、それに答える練習をしてください。

「こんな簡単な事でいいの?」という声が聞こえてきそうですが、
英語ぺらぺら君のネタバレをすると「最初のステップ」は「疑問文」を作る所にあります。

なぜかと言いますと、英会話スクールだと先生が質問して生徒は答えるだけの事がほとんどですし、教材などを見てみても圧倒的に「表現」がたくさん教えられていて「質問」の仕方が教えられていないのが現実です。

質問をする事が出来なければ、会話をする事ができません。

英語の表現を覚えたら、
その英文を見て連想できる疑問文を作る練習、
そしてその疑問文に答える練習が必要になってきます。